武蔵小杉徒歩4分の鍼灸治療院!首肩こり 腰痛 自律神経等ご相談下さい

▶腰椎椎間板ヘルニア



このような事でお困りではないですか?


チェック 太ももから足先にかけて、痛み、痺れ、違和感などがある

チェック 
どちらか片方の足だけよくつまずく事がある

チェック どちらか片方の足だけよくつってしまう

チェック 
雨が降る前や台風の時など、気圧の変化により腰・足がつらくなる

チェック 前かがみの姿勢がつらい

チェック 
咳やくしゃみで腰~足にひびく事がある


そのお悩み武蔵小杉はりきゅうここわにお任せ下さい。





腰椎椎間板ヘルニアとは?





youtsu_man



『ヘルニアっぽい』『ヘルニア気味』ですね。

と近くの整形外科や治療院、整体院、接骨院などで言われた。

という声をわりとよく聞くので、『ヘルニア』という言葉を聞いた事がない方はいないくらい皆さんご存じかと思います。



『ヘルニア』とは、「飛び出した状態」を指す言葉です。

腰椎(腰の骨)は5つの骨からなり、上半身を支える脊柱(背骨)のなかでも最も大きな荷重を受けます。(下図の黄色の部分)

508d261d37c2c




その骨と骨の間にはクッションの役割をする椎間板があります。


heru2



この椎間板は中央にゼラチン状の髄核と、コラーゲンを豊富に含む線維輪というものから出来ていて、この椎間板(髄核や線維輪)の一部がなんらかの原因により負担がかかり変性し、下図のように一部分が突出した状態が『椎間板ヘルニア』と呼ばれています。


pic-herunia-before


腰椎は可動域も大きいため、椎間板への負担が多く障害を起こしやすい部位です。
好発部位は下部の椎間板、好発年齢は20〜40代で比較的若い人に多い疾患です。

椎間板がその飛び出した先にある『神経』にぶつかってしまい『神経』が正常に働かなくなることが『腰椎椎間板ヘルニア』の1番の問題で様々な症状を引き起こします。

近年、椎間板から脱出した髄核が縮小・消失する自然消退の過程をとる場合があることがわかっていますが、それに要する期間や割合の詳細などは明らかになっていません。





原因



多くの動物は四足歩行で背骨(脊椎)を重力に垂直にして生活しているのに対し、人間は二足歩行で生活をするため、平行方向に背骨へ重力の負荷がかかります。

このため、立っている状態では椎間板には多くの負荷がかかります。

◇前かがみの姿勢が多い

◇デスクワークなど長時間同じ姿勢

◇喫煙・肥満

◇ストレス

◇遺伝的要因

など、椎間板ヘルニアは、あるひとつの原因で起きるわけではなく、いろいろな因子(多因子)が影響して発症する事が多いです。





症状



多くの場合、初期には腰痛が出現し、その後、片方の足の痛みやしびれが出てきます。

巨大なヘルニアや突出する部位によって、両側で症状が出現することもあります。


重い物を持ち上げる時などに急激に発症する場合とジワジワ徐々に症状が出てくる場合があります。

ヘルニアの部位にもよりますが、腰痛に続いて「ふともも」から「ふくらはぎ」や「足先」にかけて痛みやしびれが加わってくることが多く、片側に出てくる事が多いです。


EBiHPG5OQIPbro6_3341



咳やくしゃみ、力んだりする事で悪化する事もあるので注意が必要です。

筋力低下がみられる場合は、腰や足の痛みが軽くなってから、歩行中つまづきやすくなったりして症状に気づくこともあるので注意を要します。

また、排尿・排便のなんらかの障害や肛門周囲の感覚異常、急激な症状の悪化などがある場合は緊急に専門医(整形外科)への受診が必要な場合もあります。




検査 診断



問診、身体の理学所見とMRIにより、ほぼ診断は可能です。

11youtui251



ただし、特殊なタイプの場合はMRIだけでは分かりにくく、脊髄造影や造影CT、また筋電図などの補助検査を要する場合があります。

鍼灸院などでは、下肢挙上テスト(SLR)、大腿神経伸長テスト(FNSテスト)、各種腱反射、筋力検査、知覚検査など、手で簡単に出来る検査法でヘルニアの部位を推測出来ます。
c_kei_13






当院での治療方法



“痛みやしびれを少しでも和らげる事”  “回復が早まる身体の状態にする事” を第一に考えて治療を行っております。

鍼治療では、椎間板ヘルニア発症部位の血流改善と栄養供給を促し治癒を早める事、また、全身のバランスを調整し自然治癒力を高める目的で施術を行います。


腰部・臀部などの周辺筋肉や発痛ポイント、椎間板周り、また、それらと関係する筋・筋膜・軟部組織を和らげることで、神経根への圧迫や血流障害を軽減することができます。


chiryou_hari


鍼特有の鎮痛作用を利用し、腰から足にかけて神経のラインに沿ったツボや症状と関係のあるツボに鍼を打つことによって、その刺激が脳や脊髄といった中枢経路を経て、エンドルフィン、エンケファリンという鎮痛物質を分泌させ、痛みなどの症状が緩和されると考えられています。



お灸は、ツボや患部に熱刺激を与えるため、血行が良くなる為、様々な反応やあらゆる作用が起こり、身体の機能改善や免疫力の向上などに効果があります。

免疫力が少しでも向上する事で、突出しているヘルニアを貪食(やっつけてくれる)する免疫細胞の働きが活性化され、回復が早まります。

20150828_3788591



また、全身のバランスを調整するように施術し、椎間板に負担がかかりにくく、自然治癒力が高まるような身体の状態に調整していきます。

ヘルニアが悪化・再発しないよう、身体全体のバランスも診ながら施術を行い、日常生活での注意点や運動法などもお伝えしています。

お気軽にご相談下さい。

web予約はこちらから

武蔵小杉はりきゅうここわ

【住所】 神奈川県川崎市中原区新丸子東2−976-4 NKビル 5階
【アクセス】 JR武蔵小杉駅北口(南武線口)より徒歩4分、新丸子駅より徒歩2分
【診療時間】 火~金/10:00~20:30(最終20:00)  土日祝/9:00~18:00(最終17:30)  【当院営業中のセールス・営業の電話は固くお断り致します】
【休診日】 月曜日+不定休あり (月曜日が祝祭日の場合は休み)

044-948-8108

24時間WEB予約

初めての方へ

治療院案内

エキテン

鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」
武蔵小杉はりきゅうここわの口コミ・感想をもっと見る
鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」
武蔵小杉はりきゅうここわの口コミ・感想をもっと見る
  • 24時間WEB予約

  • 初めての方へ

  • 治療院案内

  • エキテン

  • なごみやここわ

  • facebook

  • インスタグラム
インスタグラム

facebook

なごみやここわ

FACEBOOK

ページの先頭へ戻る

gotop